アイフル審査を受ける前に読んでおきたい!【審査内容を完全網羅】

テレビCMやインターネット広告などでもよく目にする「アイフル」は利用者数も多く大変有名なカードローン会社です。

アイフルは融資の際に審査を必ず行います。

ここではアイフルの審査に必要な書類や具体的な流れ、審査に落ちる人・通過するポイントなど詳しく解説していきます。

アイフルの利用を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

目次を見たい方はこちら♪

アイフルの特徴

アイフルは銀行のローンとは異なり、無担保で借入が出来るのが最大の特長です。そして以下の特徴がアイフルの強みです。

  • 最短30分で審査が完了!即日の融資も受けられる
  • 申し込み・審査・手続き・借入と4つのステップのみ

それ以外にも「総量規制」の対象外である

「おまとめMAX」「かりかえMAX」といった商品も用意しています。

「今すぐにお金が必要!」という人向けの商品がメインなので、いざという時に大変頼りになりますね。

アイフルの審査基準

アイフルで借入をする場合には、アイフルが設けている審査基準を満たしている必要があります。

アイフルの審査基準は以下の通りです。

  • 年齢
  • 年収
  • 他社での借入総額と件数
  • 雇用形態
  • 個人信用情報
  • 居住形態

年齢

アイフルでは満20歳~満70歳未満までの年齢制限を設けています。

なお、アイフルが公表した「第41期有価証券報告書」では、アイフルの利用者の内訳を年齢別に分けた表が記載されています。

年齢層 利用者の割合
20歳~29歳 29.5%
30歳~39歳 23.1%
40歳~49歳 22.5%
50歳~59歳 15.6%
60歳以上 9.3%

アイフルでは、カードローンの利用が元々少ない60代を除いて20代~50代まで幅広い世代で利用されていることが分かります。

そのため、年齢制限内であれば審査の可否に影響は出ない事が考えられます。

年収

アイフルでは年収を重視しています。年収は金額の高さよりも、安定した収入を継続的に得ているかをもっと重く見ます。

アイフルの貸し付け対象者には「定期的な収入と返済能力を有する方」と明記されています。

収入が不安定な職業についている場合、審査の時に「もし収入が減った時に返済が可能か」と思われ、結果的に「返済能力が低い」と判断されることもあるからです。

収入が高くなかったとしても、毎月定期的に受け取っている人の方が審査に通過する可能性が高いです。

「アルバイト・パート」や「年収が100万円ほど」であっても毎月安定して収入を得ていれば申し込み資格はあります。

他社での借入総額と件数

アイフルでは他社での借入総額と借入件数を見ています。

借入件数と総額に「住宅ローン」と「自動車ローン」は含まれないので安心してください。

あくまでも銀行や消費者金融・信販の「キャッシング」借入総額を評価します。

他社の借入件数は金額に関係なく3件を超えると審査通過はかなり厳しくなります。

それは「他社での返済に追われてアイフルの返済が滞るのではないか」と見られるからです。

雇用形態

アイフルの審査では正規雇用者の方が非正規雇用者の方が高い評価をしています

その理由としては正規雇用者の方が離職率が低いので、返済能力を失うリスクが低いと見ているからです。

非正規雇用は短期間で退職する人が正規雇用者よりも多い傾向にあります。そのため、アイフルの審査では「非正規雇用者は返済能力が安定していないので貸し倒れのリスクがある」と判断されやすいです。

しかし、非正規雇用者の数は増加傾向にあるので、非正規雇用者だからといって全ての融資を断っているとアイフルも経営を維持できません。

そのため、非正規雇用者は正規雇用者よりは不利だが、審査に通らないわけではありません。

個人信用情報

アイフルの審査基準では申込者本人の申請情報以外に、個人信用情報も見ます。

個人信用情報とは、クレジットカードやカードローンの取引履歴や利用状況などです。

この情報は個人信用情報機関に登録されているので、アイフルを含む金融機関が適宜情報を入手できます。

アイフルの審査基準で必要とされる情報は以下の通りです。

信用情報 具体例
他社借入状況
  • 契約内容
  • 借入残高
  • 借入件数
  • 返済状況
  • 返済日(完済日) など
金融事故履歴
  • 延滞
  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 強制解約
  • 自己破産 など

特に金融事故はアイフルの審査において大きな影響を与えます。

他社借入審査結果に影響を与える

他社での借入件数が多い人は、アイフルの審査に悪い影響を及ぼします。

他社借入件数が多い人は「多重債務者」と判断されるので返済能力が低いと疑われます。

アイフルの審査で多重債務者とみなされる基準は公表されていませんが、3社を超えるとアイフルの審査担当者から「多重債務者」と判断される可能性が高いです。

他社借入が多い人は「おまとめMAX」を検討する

もし借入件数が4件以上ある人の中でも「お金がすぐに欲しい」という場合には、アイフルの「おまとめMAX」の利用を検討しましょう。

おまとめMAXとは複数社からの借入を1社にまとめられる返済専用の商品です。

そのため、借金の返済に充てるための借入をしたいという方におすすめです。

複数社からの借入を1つにまとめることで、金利が下げられるので返済のハードルが利用前よりも下がります。

居住形態

一般的には持ち家で居住年数が長い方が審査において評価が高い傾向にあります。

これはその地域に生活が根付いていて夜逃げなどのリスクが少ないと判断するからです。

また家賃に関しては給料と比較して家賃が高い場合返済が難しいと判断するので、給料に対して家賃負担額が高いと審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

ただし、賃貸や社宅であっても審査に大きな影響はないので安心してください。

アイフルの審査は厳しい?甘い?

気になるアイフルの審査はどれくらいの人が通っているのかというところですよね。

ここでは他社とも比較して、アイフルの審査通過率などを見ていきましょう。

銀行カードローンと比較すると優しめ

銀行カードローンはアイフルを含む消費者金融とほぼ同じ利便性ですが、審査通過率は異なります。

銀行カードローンの審査基準は2017年から厳しくなりました。これは金融庁から審査の基準を上げるようにと指導があったためです。

そのため消費者金融の方が銀行カードローンの審査よりも優しいといえます。

他の消費者金融と厳しさは同じ程度

アイフルは即日融資が可能だからといって、決して甘い訳ではありません。以下はアイフルを含む大手カードローン会社の審査通過率の比較表です。

アコム 43.1%
アイフル 42.9%
プロミス 46.9%

※各社公式サイトデータより抜粋

一覧を見て分かるように、審査に通過できる人はおよそ40%程度です。

ちなみに2020年6月時点での新規成約率を見ると41.1%(アイフル次月データより抜粋)となっており、ほぼ同水準の成約率です。

貸金業法が改正される前は中小の消費者金融業者が法外な金利と審査なしで融資を行っていたこともあり、貸し倒れや自己破産といったトラブルが多発しました。

現在は貸金業法の改正により、総量規制を含め様々なルールが設けられているので、簡単に貸し付けが行えなくなりました。

一見すると低いと見える成約率ですが以下の理由が含まれています。

  • 複数社の審査落ちを繰り返す人が多いため、全体の数字を下げている可能性
  • 審査を通過していても実際に契約まで至らなかった人

アイフルが提示している基準をしっかりと満たしているのであれば、審査通過の確率が非常に高いです。

中小の消費者金融とは比べにくい

アイフルなどの大手消費者金融同士は審査基準や成約率がほぼ同じですが、中小の消費者金融は独自の審査基準を持っています。

そのため、アイフルと比較することは難しいです。ただし、長期滞納といったブラック情報があっても貸してくれる可能性があるのが小規模な消費者金融です。

もしブラックリスト入りしている人で融資を受けたい場合には中小の消費者金融の利用を検討してみてるのも良いでしょう。

アイフルの審査に通過するには安定した収入があること!

先ほどアイフルの審査基準でも触れましたが、アイフルの審査では「収入」を重要視しています。それは返済能力に直結するからです。

アイフルの公表している貸付対象者の条件として

定期的な収入が必要

とありますが、この具体的な内容は

2ヶ月以上連続して毎月1回以上の収入があること」です。

臨時収入のような給与携帯や2ヶ月おきの収入、また専業主婦や無職の人はこの条件にあてはまりません。

例としてアルバイトやパートで月収10万円だとしても、4ヶ月以上同じ職場で毎月同程度の収入を得ていれば十分審査に通過する可能性があります。

アイフルの審査に必要な書類

本人確認書類 運転免許証・健康保険証・マイナンバーカードなど
*顔写真の無い確認書類や、書類の住所が現住所と異なる場合は、住民票や公共料金の領収書などの書類も必要
収入証明書類 源泉徴収票・給与明細書・確定申告書・所得証明書など

なお収入証明書が必要なケースは以下の通りです。

  • 1社で50万円超の借入限度額を希望する方
  • 他社との借入合計額を含め、借入残高が100万円超の方

ただし、自営業の方や個人事業主の方は以上の理由以外でも収入証明書の提出を求められることがあります。

不安な場合にはあらかじめ収入証明書も準備しておくとスムーズに審査が進みます。

アイフルの審査にかかる時間は

アイフルでは最短30分で審査が完了すると公表しています。

アイフルを含む大手消費者金融は審査スピードでも競っています。そのため、アイフルの審査時間も他社い負けず業界最速といえます。

ただし全ての申し込みで最短審査になるとは限りません。ここでは審査スピードが早く終わるケースと、時間がかかるケースを解説していきます。

自動審査でOKの場合は最速で審査完了

アイフルの申し込みが完了するとその時点でコンピューターにより自動審査が始まります。

自動審査なのですぐに結果が出るため、この時点でアイフルの基準を満たしていれば在籍確認を済み次第、審査通過の連絡が来ます。

利用者の中には申し込みをして20分程度で審査通過の連絡が来たという口コミも。

審査に時間がかかるケース①:夕方以降の申し込み

審査に時間がかかってしまうケースとしては夕方以降の時間帯です。

平日は仕事帰りの時間帯に申し込みが増えるので、当然審査も殺到してしまいます。

もし即日融資を希望しているのであれば、遅くても15時までに申し込み手続きを終えておきましょう。

さらに在籍確認が出来ないでいると審査自体がそこで止まってしまうので、勤務先の電話対応時間も考慮しなければなりません。

審査に時間がかかるケース②:5月・9月の繁忙期

アイフルでは月別の申し込み件数を公表しています。

公表された内容によると5月と9月の申し込み件数が多く、7月・12月は少ない傾向にあります。

5月はゴールデンウイーク、9月は夏休みの出費による影響が考えられます。

5月と9月の時期に申し込みをする際にはいつも以上に時間に余裕をもつようにしましょう

審査に時間がかかるケース③:自営業の場合

公務員や大手企業の会社員は収入が安定していると判断される傾向にあります。

それに対して自営業や個人事業主は事業実態が分かりにくいので、審査の段階で細かくチェックされることが多いです。

そのため、自動審査だけでなく審査員の確認が入ります。そのためどうしても時間がかかってしまいます。

もちろん自営業や個人事業主の方で即日審査が不可能という訳ではありません。時間には余裕をもって申し込みが安全です。

土日の審査時間はどれくらい?

アイフルでは土日祝でも審査を行っています。基本的に平日と審査スピードは異なりません。

ただし、土日と平日で異なる点が「在籍確認」です。

勤務先が休業日の場合、電話での在籍確認が出来ません。どうしても土日中に融資を受けたい場合には、申し込みが済んだすぐあとにコールセンター(0120-201-810)に電話をして相談をしましょう。

審査に時間がかかる=審査落ち?

審査結果の連絡がなかなか来ないからといって「審査落ち」とは限りません。

アイフルでは様々な事情で審査に時間がかかることもあります。申し込み内容の確認が必要な場合や、在籍確認が勤務先の営業時間内で行えない場合など。

反対に、自動審査で融資NGと出た場合では、かなり早い段階で審査落ちの連絡が来ます。

審査に時間がかかるということは、むしろ審査通過のための確認をしていると見ることもできます。

もし審査に落ちるか不安な人は、アイフルの

1秒診断」を活用してみてください。

この履歴は残らないので利用を検討している人は気軽に利用してください。

審査に落ちる原因

すでに年収の3分の1近くを借入している

なお、他社での借入が1社と少なくても借入残高が多いとアコムの審査に落ちてしまうこともあります。

アイフルは貸金業者なので総量規制の対象になっています。そのため、年収の3分の1を超えそうな金額の借入を希望すると審査には通過できません。

年収をすぐに挙げるのは難しいため、他社での借入額を少し出も少なくする方法しかありません。

ブラックリスト入りしている

信用情報に傷があるという人は「個人信用情報機関で金融事故情報が記載されている人」という意味です。

いわゆる「ブラックリスト入り」というもので、アコムの審査ではブラックリスト入りしている人は審査を通過できることはまずありません。

ブラックリストに掲載されてしまうと永久に残るわけではなく、金融事故によって掲載される期間が決められています。

金融事故の種類 JICC CIC KSC
長期延滞(2か月~3か月以上) 解消日から5年間 解消日から5年間 解消日から5年間
債務整理(自己破産・個人再生) 発生日から5年間 記載なし 発生日から5年間
代位弁済 発生日から5年間 記載なし 発生日から5年間
強制解約 発生日から5年間 記載なし 発生日から5年間

自己破産は概ね10年ですが、それ以外は5年程度とされています。しかし、すべての金融事故がこの年数にあてはまるとは限りません。

日本には個人信用情報機関が3社あり、いずれの消費者金融業者はこれらの機関の情報を共有出来ています。

収入が不安定

年収が十分であったとしても、成功報酬制の仕事や短期の雇用契約のものは「収入が不安定」とみなし、審査に通過できないこともあります。

年収の多さよりも安定している収入を重視するので、毎月定期的に得られる収入を持ちましょう。

在籍確認がとれない

アイフルの審査では必ず「在籍確認」が行われます。在籍確認が取れない場合は審査に通過できません。

在籍確認とは、申込時に申告した勤務先に本当に在籍しているかを電話で確認することです。これは返済能力を確かめるためなので必ず必要です。

もし「勤務先が個人情報の取り扱いに厳しい」「電話が出られる職場ではない」という場合には電話連絡以外の方法でも可能な場合があるので、申し込み前にオペレーターの人に相談をしてください。

過去にアイフルでブラック入りしている

社内ブラックとは「アイフル社内でブラック状態」の事を言います。

アイフルを利用していて金融事故を起こした場合はまず再審査も通りません。

これは、個人信用情報機関に掲載された情報が消された後でもアイフルの中では半永久的に記録されるからです。

もし過去にアイフルを利用していて「長期延滞」「債務整理」「代位弁済」「強制解約」といった金融事故を起こいした場合です。

もし以前アイフルを利用していて何かトラブルを起こした場合には、アイフルでの利用がおすすめできません。

短期間で他社への申し込みをしている

アイフルだけでなく他社への申し込みを短期間で行うこともアイフルでは「資金繰りがひっぱくしている」とみなされてしまう原因となります。

一度に複数社を申し込んで融資が断られると「申し込みブラック」になります。

これらの情報も個人信用情報機関に半年間保存されるので、記録が抹消される半年間を待ってからアイフルに再度申し込みをしましょう。

専業主婦

専業主婦の方は自身に収入がないので、まず間違いなくアイフルでは審査落ちをします。

アイフルでは申込者本人に収入があることが貸し付けの条件に含まれているので、たとえ配偶者の収入があったとしてもNGです。

パートをしていれば収入があるので、審査に通る可能性があります。アイフルを利用するならまずは仕事を見つけて定期的な収入を得ましょう。

申し込み内容でウソをつく

アイフルだけでなく金融業者は申告内容の正確さも重視しています。もし審査に通過する条件を満たしていてもウソの申告をしたことで審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

アイフルは取引実績の数も多く、かつ個人信用情報機関からも過去の金融取引の履歴などを調べられるのでまずウソは見抜かれると思ってください。

特に年収や他社での借入などはすぐにウソがばれます

さらに要書類の不備や申し込み内容のミスであっても、審査にマイナスの影響を与えてしまう可能性があるので、申し込みの前には必ず確認をしましょう。

アイフルの審査に通る人の特徴

ここではアイフルの審査に通った人の特徴を項目別に解説していきます。

アイフルの審査に通るポイントが見えてくるのでぜひ参考にしてみてください。

安定・継続した収入を得ている

アイフルの審査では金額の高さよりも安定性を重視しています。

仮に収入が低くても安定性があれば、定期的にお金を得られるので返済が滞るリスクが低いとみなします。

アイフルでは具体的な年収金額を提示していないので、継続した収入があれば十分に審査通過の可能性が期待できます。

そのため、「年収が100万円程度」や「アルバイトやパート」であっても安定した収入がある人の中で利用を検討しているならぜひ申し込んでみましょう。

正社員・職種

アイフルでは非正規雇用者よりも正規雇用者の方が評価が高いことは先ほどお伝えしました。

しかし、審査では安定性を重視するため申込者の職業も審査に関係が出てきます。

職業による評価は以下の通りです。

職業 点数(評価)
公務員
会社員(上場)
会社員(非上場)
自営業・個人事業主
水商売

自営業や個人事業主・水商売の人は収入が不安定・業務実態がつかみにくいという観点から評価が低めです。

アイフルの審査に通過する人は正社員や公務員という傾向にあります。

勤続年数が長い

勤続年数が長いこともアイフルの審査では高評価が付けられます。

これは「今後も安定した収入があるだろう」とみるからです。

勤続年数が15年の人は今後も簡単に仕事を辞める可能性が低いですが、転職したて・新入社員の人は「仕事が合わない」「人間関係がうまくいかない」といった理由ですぐに仕事を辞めてしまう可能性があります。

アイフルの審査に通過するには勤続年数が長い方が有利です。

固定電話を持っている

アイフルの審査では固定電話を連絡先に申告できる人の方が評価が高いです。

これは貸し倒れのリスクが低いとみるからです。

例えば携帯電話しか持っていない人は、アイフルの返済が出来ない場合電話番号を変えて逃げてしまう可能性があるからです。

固定電話であれば簡単に電話番号を変えられないので携帯電話よりも評価が高いです。

居住状態は持ち家

居住形態は持ち家の人の方が賃貸よりも評価が高いです。

理由としては持ち家に住んでいる人は「住宅ローンの審査に通過した実績を持つ」からです。

住宅ローンの審査はカードローンの審査よりも厳しいことと、借入金額が高額なのでカードローン会社としても金銭的な実績として高く評価できるからです。

ですが賃貸や社宅の人でもアイフルの審査に通る可能性があるので、それ以外の条件でしっかりとクリアしていれば問題ありません。

独身者である

アイフルの申し込み内容では家族構成も聞かれます。

独身者の方がアイフルの返済に充てるお金が十分あると見るので評価が高いです。

扶養家族が多いとアイフルの返済に充てる十分なお金が少ないかもしれないと見ています。

すぐに出来る!審査に通るための方法

ここでは審査に通るために出来る方法を3つ解説していきます。

アイフルの申し込みを検討している人は事前にチェックしてみてください。

在籍確認を取れるように事前にチェックする

アイフルでは在籍確認が必ず行われます。

審査がスムーズに終わるかは在籍確認がいかに早く完了できるかがポイントになります。

在籍確認とは、申込者が申請時に入力した勤務先に本当に在籍しているかを電話で確認することです。

アイフルからの電話に対応する人は必ず本人でないといけない訳ではなく、会社の方でもOKです。

対応した人が「ただいま外出しております」「代わります」といった対応が取れれば在籍していることが証明されます。

利用限度額を低めに申告する

アイフルの審査に通過する可能性を少しでも上げたい人は利用限度額(希望限度額)を低めに設定することをおすすめします。

利用限度額が高いほど審査基準が厳しくなるからです。利用限度額が高いと返済能力が求められるので、審査通過率が下がります。

特にアイフルの初回申し込み時の場合は、利用限度額を必要最低限にしておくと良いでしょう。

事前に収入証明書類を用意する

アイフルの審査に通過する可能性を上げるには「収入証明書」を用意しておくと良いです。

本人確認書類だけでも借入申し込みが出来る人でも収入証明書も提出することで審査担当者の信用度が上がることが考えられるからです。

収入証明書は申込者の収入を証明する書類なので、アイフルの担当者が「申込者の申告する年収にウソはない」と信用してもらえます。

同じ職場で最低2ヶ月以上働いてから申請する

アイフルでは様々な情報から「返済能力」を判断します。その中でも「安定した収入を得ているか」は非常に重要です。

安定した収入を得ているという基準は、同じ職場で最低でも2ヶ月以上連続して給料をもらっていることです。もし転職したての場合は、最低でも2ヶ月は待ってからアイフルを利用しましょう。

申し込みフォームは正しく申告しよう

申し込み内容が間違っているために審査落ちをした」というケースは意外と多いです。申し込み内容が単なるミスなのか虚偽なのかは判断しかねるため、申し込み内容は間違いがないようにしっかりと確認しましょう。

カードローン会社への申し込みは1度に1社まで

アイフルの審査に通過するなら、一度に複数のカードローン会社に申し込みをしない方が良いです。

急いでお金が必要なあまりに、色々な会社で申し込みをしたくなるものですが、「複数に申し込みをしないといけないほどお金が必要な人」「お金にひっ迫している」とみなされ「申込ブラック」とみなされてしまうからです。

申し込む際は、1度に1社までと決めて審査結果が出てから次の行動に移すようにしましょう。

クレジットカードの利用履歴を確認しよう

個人信用情報にはクレジットカードの返済情報なども記録されています。

もしクレジットカードの支払いが遅れているという場合も審査にマイナスの影響を与えます

クレジットカードの中にはキャッシング機能がついているものもあります。たとえキャッシングをしていなくても、キャッシング枠があるというだけで借入金額としてカウントされるので注意してください

クレジットカードのキャッシング枠は意外と知られていないので、心当たりがないのに審査落ちした人はこの可能性があるかもしれません。

申し込みの前にキャッシング枠がないかをチェックしてください。

もし審査に落ちてしまったら?

アイフルの審査に落ちると審査落ちの情報自体が個人信用情報機関に記録されてしまいます。

この情報は概ね6ヶ月程度保管されるので、この間に他のカードローンの申請または再度アイフルの審査に申し込んでもまた審査落ちしてしまう可能性が高いです。

それどころか、複数の申し込みを1度にすると「申し込みブラック」になりより審査に通過しにくくなります。

もし時間に余裕があるなら、情報が消える6ヶ月程度を待って再度違うカードローン会社に申し込む方が確実です。

出来る限り融資を早く受けたいという場合には以下の点に注意して他社もチャレンジしてみてください

  • 他社のカードローンを申し込む
  • 中小消費者金融の利用を検討する
  • 審査落ちの原因を分析して、原因を解消する

中小の消費者金融業者は自己破産以外の金融事故であれば融資を行ってくれる可能性があるので、大手で通過が難しいと感じているのであれば検討してみてください。

審査に落ちた原因が年収・転職したばかりといったものが予想できるのであれば、勤続年数を少しでも長くしてから申し込みを検討するのが良いです。

目安としては1年以上、年収であれば総量規制に抵触しない範囲の希望額まで引き下げるといった方法があります。

まとめ

アイフルの審査について解説してきました。アイフルは他の大手消費者金融と比べて同じ程度の契約水準・審査通過率でした

そのため、アイフルの公表する基準を満たしていれば審査に通過する可能性は十分にあります。

平日の15時までに申請をすれば即日融資も可能なので、スピーディに融資を受けたい人はぜひ検討してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
▼▼当サイト1番人気はアコム▼▼
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
アコム公式サイト
今すぐお金借りるならココ!