法人カードおすすめランキング2020

カードローンの賢い借り換え方法を徹底解説!事前準備・注意点は?

カードローン会社の用意している商品の中には「借り換え」というものがあります。

借り換えは、毎月の返済管理が大変という方にこそおすすめ!

ここではカードローンの借り換えについて方法・手順、そして注意点などを詳しく解説していきます。

目次を見たい方はこちら♪

カードローンの借り換えとは何?

カードローンの借り換えは新しいカードローン会社と契約をし直して、新しいカードローン会社で受けた融資金でそれまでのカードローンの返済を済ませること(完済)です。

住宅ローンの借り換えなどでは一般的な方法ですが、カードローンでも可能な方法です。

カードローンの借り換えはいくつかのメリットがありますが、賢く選ばないとメリットを十分に活かしきれないことがあります。

おまとめローンとの違い

おまとめローンは、借り換えの手法の1つではありますが、大きな違いは複数の会社からの借金を新しい金融機関1つにまとめてしまう事です。

返済先を1つにすることが主目的なのでシンプルな借り換えとは少し異なります。

もし現在借り入れをしている会社が1社だけで、より金利の低いところ・さらに良いサービスを望むのであれば「カードローンの借り換え」が適しています。

カードローン借り換えのメリット

ここではカードローンの借り換えを選んだ際のメリットを紹介します。借り換えを検討している方はぜひ参考にしてください。

利息負担が軽減される

カードローンを借り換えることによって、月々の利息の発生を抑えることが可能です。

借入元金は減ることはありませんが、利息を抑えることで将来に渡っての総返済額が減ることに繋がります

特にカードローンは住宅ローンや自動車ローンよりも金利が高いため、金利を下げて利息の発生を抑えるかがポイントになります。

返済額を減らせる

借り換えのメリットは毎月の返済額を減らせることも可能ということ。なぜならカードローン会社によって返済額の設定方法が異なることから起きています。

毎月の返済額を減らせることで、生活に少しでもゆとりが出て負担が和らぎます。

なお返済方式の変更も有効です。例えば「元金定額方式」から「元利定額方式」に変更するといったことです。

元金定額方式は、元金に利息をプラスした金額が毎月の返済額ですが、元利定額方式は、元金と利息の合計額を毎月一定額にする方式となっています。

毎月定額分を返済していくだけなので、返済計画が立てやすくなり返済額も少なくすることが可能です。

ただし、返済期間が長くなることもあるので返済期間の設定の仕方に注意しましょう

返済に集中できる

借り換えは単に新しい会社に契約しなおすだけでなく、以前よりもより良い条件で契約ができるのでそれだけ返済しやすくなるというメリットが期待できます

先ほど紹介した、元金定額方式から元利定額方式を選んだ場合は、毎月の返済額が一定であることや利息が抑えられるといったメリットがあるので、計画が立てやすくなり経済的・精神的な負担が少なくなります。

それだけ返済に集中できるということは、少しでも早い完済に繋がるのでおすすめポイントといえます。

利用限度額が増やせる

もし新しいカードローン会社に借り換える際に、以前よりも大きい利用限度額で契約ができれば純粋に利用額の増額に繋がります。

もちろん借り換えの際には審査が必要なので必ず希望通りの限度額になるとは限りません。

また限度額が増えた結果借りすぎて返済額が大きくなりすぎないようには注意してください。

カードローン借り換えのデメリット

メリットがいくつもあるカードローンの借り換えですが、利用する上での注意点を挙げていきます。

必ずしも全ての人に当てはまることばかりではないですが、リスクとして知っておくことは重要です。

再審査が必要

先ほどか軽く触れた通り、カードローンの借り換えは新しい会社・新しい商品と契約することになるので、最初に契約した時と同様に「審査」を受けて通過しなければなりません

審査では、年収や勤務先・住居状況といった本人属性のほかに信用情報・他社の借り入れ状況などを見て判断していきます。

なお審査の厳しさや項目はカードローン会社によって独自に基準を持っており、これらの情報は非公開となっています。

審査に通過できないと借り換えは出来ないので、申し込む前には過去の返済履歴に問題はないか・年収などは再度チェックをしておきましょう。

返済総額が増えてしまうことも

カードローンの借り換えは利息を抑えて総返済額を減らすことが目的ですが、効率の良い方法を選ばないとかえって返済額が増えててしまう事もあります。

毎月の返済額を少なくしすぎてしまうとその分返済期間も長引くので、それだけ利息がかさんでしまう原因となります。

毎月の返済額は抑えられても、最終的に返済する金額が増えてしまっては損をしてしまいます。

借り換えの際には毎月の返済額だけでなく、完済までにかかる総額を計算してから借り換えの是非を決めましょう

利用方法や返済の仕方が元の会社とは違うケースも

カードローン会社は独自の借入・返済方法を決めています。

そのため、今までとは異なる方法になったために利用しにくくなったという事もあります

例えば利息計算の際に基準となる日や返済日・返済方法が従来のものがない・手数料が必要となるといったことです。

新しく契約したいカードローン会社ではどのような契約内容かという事も事前に調べておく必要があります

総量規制の存在

特に消費者金融系のカードローンは「総量規制」の対象に含まれるかを特に気を付けましょう。

総量規制は「申込者の年収の3分の1以上を貸し付けてはいけない」というルールになっているので、もし1社目のカードローン会社から年収の3分の1ギリギリの融資を受けていると、借り換えが出来ないということもあります

カードローンの借り換えが向いている人

現在契約中のカードローン金利や利息が他社と比べて高いと感じる

カードローンの金利は一旦契約をしてしまうと途中で変更が不可能です。

そのためより金利の低いカードローン会社に借り換えをすることで金利を下げることが可能になります

現在借りている会社よりももっと良いサービスの会社がある

増額申請や引き出し方法・返済方法・サービスといった色々な面で他の会社の方が自分にとってはメリットがあると感じることがあります。

もし現在借り入れをしている会社の使い勝手で不満がある場合は、他の会社への借り換えを検討してみてください

現在契約中の会社よりも利用限度額が増やせそう

カードローンの利用限度額は会社によっても異なるので、年収などに問題がなければ、もっと大きな利用限度額で契約できるカードローン会社があるかもしれません。

限度額に余裕がある会社に借り入れが成功すれば、もっとまとまったお金が必要になった時もすぐに融資が受けられるのはメリットです。

カードローンの借り換えが向いていない人

債務整理をしている・5年以内に延滞をしている人

カードローンの借り換えは再審査が必要なので、誰もが借り換えができるとは限りません。

審査において最もマイナス評価になる項目の1つが「債務整理」や「延滞をしている」ケースです。

自己破産や任意整理といった法的手続きをとると、借り換えに限らずほとんどの金融機関で融資が受けられません。

それと同じように借り換え審査に通る可能性も限りなく低いです。

さらに借り換え審査では、過去に返済が滞ったことがないかも重視しています。

カードローンは担保・保証人が必要のないローンなので、本人の返済能力のみを見て貸し付けを判断します。

そのため、返済が滞ることは「貸し倒れ」に直結するため審査において不利に働きます。

もし過去に以上の経験がある場合は、カードローンの借り換えは適していません。

特典を目的として借り換えようとしている

カードローンの利用は短期・長期など人によって様々ですが、カードローン会社は各社独自のサービスを展開して新規顧客の獲得を狙っています。

例えば無利息期間サービスの実施やポイント期間の実施・キャンペーンといったものです。

中でも無利息期間サービスは多くのカードローン会社で実施されているサービスで、30日間程度は利息が一切発生しないといった内容です。

無利息期間サービスはどの会社でも「新規契約者のみ」に適用されるサービスなので、長期の借り入れを考えているのに特典目的で借り換えをすることは適していません。

リボ払いから借り換えは可能?

結論から言えば、リボ払いからの借り換えは可能です。

リボ払いとは、返済方法の1つで毎月の支払額を金利と合わせて一定にすることができる方法の事です。

追加で商品やサービスを購入・利用して利用残高が増えても月々の支払額が固定されているのが特徴です。

そのため、高額な商品を購入しても支払額が変わらないので管理しやすいといった側面を持っています。

リボ払いから借り換えをすることによって金利を下げることに成功することも。

リボ払いの場合は会社にもよりますが、金利範囲が「15~18%」であることが多いです。

対して銀行のカードローンであれば「14%前後」を用意しているところもあります。

金利が1%でも下がるとそう総返済額に大きく影響するので、ぜひ検討してほしい手段です。

その他、クレジットカードにある「ショッピング枠」を利用した利用は「ローン」とはみなしません。

そのため、リボ払いはショッピング枠を利用したものなので、「他社借入状況」に含まれないのが特徴。

他社で借入している人よりも、審査に有利に働くことが期待できます。

借り換えができるカードローン会社の選び方

カードローンの借り換えをしたいけど、自分にあった会社選びは何に着目したらいいのでしょうか。

ここでは着目してほしいポイントごとに紹介していきます。

金利で比較

先ほど紹介した通り、総返済額を下げるためには金利をいかに下げるかが重要です。

もし新しい会社を探すなら、現在契約している金利よりもより低い会社を探しましょう。

返済方法

カードローン会社を選ぶ際には、返済のしやすさにも着目して探しましょう。

ATMを使った返済をメインにする方は、手数料が無料になるATMが近くにあるコンビニや銀行があるか、ネット返済が可能な会社があるかといったことです。

返済総額を抑える方法は手数料の有無も重要なカギを握っています。

複数回に渡って利用することが一般的なカードローンは、手数料の発生をさえることも重要です。

カードローンの借り換え審査で見られるポイント

カードローンの借り換え審査の際に見られるポイントをまとめました。

基本的には最初にカードローンの審査を受ける時と同様の項目を見られることが多いです。

年収・勤務先情報

年収や勤務先に関する情報は、カードローンが重きを置いてみている項目の1つです。

借り換えを希望する人の年収が低いと、まとまった金額を返済することが難しいと判断されるだけでなく、貸し倒れのリスクが高いとみなされることが多いようです。

また勤務先情報は中でも勤続年数が審査に影響することが多いです。

勤続年数は「安定した収入を得ている」証明になるので、長ければ長いほど審査に有利に働きます。

パートやアルバイトで複数の収入先を持っている人は、収入が多い方を申告するようにしましょう。

返済履歴

借り換えの審査では、今までの返済に関する履歴などを見ていきます。

以前の会社で融資を受けて居た際の借入額のほかに返済に遅れがないか・信用情報に問題ないがないかなどを見ていきます

他社借入状況

通常のカードローン審査と同様に他社での借り入れ状況も重視します。

3社を超える会社で借入をしていると「返済能力が少ない」「お金に相当困っているかもしれない」と見なされ、審査に通りにくい傾向にあります。

出来れば2社以上の借り入れをしないようにするか、できるだけ借入先を減らしてから借り換えに臨みましょう。

クレジットカードの利用履歴

意外と知られていない事ですが、カードローンの審査ではクレジットカードの利用履歴も審査に含まれています。

どれくらいの額を利用して、毎月滞りなく支払っているかも返済能力を見る上で有効な項目だからです。

クレジットカードがないために、クレジットカードの利用履歴(クレジットカードヒストリー)が全くない人というのは、審査の上で有利に働くと思いきや反対です。

「利用実績」を積んでいないとみなすので、有利に働くことはありません。

カードローンの借り換えにおける注意点

総量規制の関係上で審査に通らないことも

特に消費者金融系のカードローンは「総量規制」のルールに従って融資を決めています。

自分の年収の3分の1以上を借り入れようとしても審査で落ちてしまうので要注意!

カードローンの審査内容・条件は各社によって様々で、かつ非公表の情報です。

しかし総量規制のルールは法的に決められたものなので、自分でも把握が可能です。

他の会社に借り換えようとする場合、自分の年収の3分の1以上になってしまう事が予想される場合は借入元金を減らしてから検討しましょう。

借り換えをした方がいいか迷う場合

もし現在利用している会社で「毎月の返済が負担に感じる」「金利が高い」と覆っているなら借り換えの検討がおすすめです。

金利に関しては各社の公式サイトなどに「〇〇%~〇〇%」と範囲で表現されています。

この時は、最高金利で考慮して現在の借入額がどれくらいになるかで計算をします。

多くの会社では返済シミュレーションを用意しているので、積極的に活用してみてください。なお返済シミュレーションは誰でお利用でき、審査には影響しないので安心してください。

毎月の返済が大変だと思っているなら、現在利用しているカードローン会社で相談をしてみることをおすすめします。

相談によっては毎月の返済額を減額する方法について教えてくれることもあります。

相談をした上で、その会社で利用し続けることが難しいと感じれば、他社での借入を検討するのがおすすめ。

カードローン利用でのよくある質問

カードローンの借り換えを考えるタイミングは?

現在借りている契約で「毎月の返済がきつい」「金利が高い」と感じる時に検討してみてください。借り換えは審査が必須なので、必ず希望通りに結果になるとは限りません。

 

フリーローンとの違いは何ですか?

フリーローンもカードローンも「利用目的が自由」という意味では同じですが、利用限度額の中で利用の仕方に違いがあります。
フリーローンの場合は一度で限度額まで融資を受けますが、カードローンは利用限度額内を決定してその中で好きなタイミング・好きな額を借りることができます。
フリーローンお場合は再度借入を希望する時は、その都度に再度申込・審査が必要となります。

 

フリーローンをカードローンで借り換えできる?

借り換え利用が可能なタイプのカードローンであればフリーローンの融資を借り換え可能です。
借り換え可能なカードローン会社かどうかは、公式サイトなどにも掲載されているので事前に確認しましょう。

カードローン借り換えがおすすめの会社

ここでは借り換えが可能なカードローン会社を紹介していきます。銀行・消費者金融系などもあるので、自分に適した会社選びをする際にお役立てください。

auじぶん銀行 カードローン

金利(実質年率) 利用限度額 借入方法 返済方法 Web完結
1.48~17.5% 800万円 ・ATM

・振込サービス

・口座引き落とし

・提携ATM

可能
口座開設 収入証明書 審査スピード 融資スピード 申し込み条件
不要 借入額が50万円を超える場合のみ必要 最短1時間 年齢が満20歳以上70歳未満

毎月の返済額が最低1,000円からOK

auじぶん銀行のカードローンでは、毎月の返済が1,000円からでも可能なので、生活費に余裕をもって返済したい人にも選ばれています。

借り換えの際でも、返済計画が立てやすく経済的負担も少ないので乗り換えの候補に挙げるのもおすすめ!

Web完結が可能

auじぶん銀行カードローンでは申し込みから審査・融資まで全てWeb上で終わらせることが可能です。

そのためパソコンやスマホがあれば、自宅でも職場・出先でも契約できるのが特徴です。

借り換えの際でもWeb完結が可能なので、場所を選ばずにできるのは魅力的です。

金利が低水準

auじぶん銀行は最低金利が1.48%~と低水準なのがウリです。もちろん最低金利が必ず適用されるわけではないですが、銀行のカードローンの中でも低水準の金利と言えます。

もし消費者金融系のカードローンを利用していた場合、auじぶん銀行に借り換えができれば金利を下げることも可能です。

楽天銀行スーパーローン

金利(実質年率) 利用限度額 借入方法 返済方法 Web完結
1.9%~14.5% 800万円 ・インターネット

・電話

・コンビニATM

・三井住友銀行ATM

・イオン銀行ATM

・地方銀行ATM

・提携CD・ATM

・口座引き落とし

・提携ATM

・インターネット

・振込

可能
口座開設 収入証明書 審査スピード 融資スピード 申し込み条件
不要 借入額が50万円を超える場合のみ必要 最短即日 即日 満年齢20歳~62歳以下の方

消費者金融系のカードローンからの借り換えもおすすめ

楽天銀行スーパーローンは最高金利が14.5%なので、消費者金融系のカードローンからの借り換えがおすすめです。

消費者金融系のカードローンは最高金利が18%近いところがほとんどです。

そのため、借り換えがうまくいくと金利を大幅に下げることが可能です。

もし3.5%も下げることができれば総返済額の大幅削減につながります。

楽天ポイントが最大1,000ポイント付与

楽天会員の人は特にお得な情報で、楽天に入会すると「楽天ポイント」が付与されるキャンペーンを実施しています。

キャンペーンのタイミングや付与ポイント数はイベントごとに異なりますが、キャンペーンは度々実施しているのでぜひ調べてみてください。

2021年1月現在では最大1,000ポイント付与されるキャンペーンが実施されています。

コンビニATMの利用手数料が0円

楽天銀行カードローンで契約をすると、コンビニATMの利用手数料が発生しません。

大手のコンビニであればほぼ全て手数料無料で利用できるので、コストの削減につながります。

ネットキャッシングの手数料が0円

ネットでのカードローンの利用では、振込手数料などがかかるところが多いですが、楽天銀行スーパーローンであればネットでの振り込み手数料の無料なのが特徴です。

ネットだけで完結したい人にもおすすめの会社といえます。

口座開設が必要ない

銀行のカードローンは一般的に口座開設が必要とされていますが、楽天銀行スーパーローンの場合は新たに口座を開設する必要がありません。

返済用の口座も他の銀行の口座を指定できるので、管理する口座が増えるという心配がないのが魅力です。

アコム

金利(実質年率) 利用限度額 借入方法 返済方法 Web完結
7.70%~18.00% 300万円 ・ATM
・振り込み
・インターネット
・アコム ATM
・提携ATM
・店頭窓口
・口座引き落とし
可能
口座開設 収入証明書 審査スピード 融資スピード 申し込み条件
不要 借入額が50万円を超える場合のみ必要 最短30分 即日 20〜69歳

審査・融資スピードが早い

アコムは大手の消費者金融系のカードローンで、融資スピードが早いことでも知られます。

審査結果が出るまでに最短30分、融資までも最短1時間も可能なので即日での借り換えも可能です。

借り換えの場合は時間がかかってしまうということもないので、思いついた時にすぐにできるのがうれしいです。

完済日がはっきりする

アコムは借り換え専用のカードローンを提供しているので、契約ができれば追加での借入ができないのが特徴です。

そのため、契約が完了した時点で「完済日」がはっきりします。本気で完済を目指したい方には、アコムの利用をおすすめします。

横浜銀行 カードローン

金利(実質年率) 利用限度額 借入方法 返済方法 Web完結
1,5%~14,6% 1,000万円 ・横浜銀行ATM
・コンビニATM
・インターネットバンキング
・口座引き落とし
・横浜銀行ATM
・コンビニATM
可能
口座開設 収入証明書 審査スピード 融資スピード 申し込み条件
必要 借入額が50万円を超える場合のみ必要 3秒診断 最短翌日 20〜70歳

高額な借り換えにも対応

横浜銀行のカードローンで借り換えでは最高1,000万円まで対応しているのが特徴です。

多くの銀行・消費者金融では最高300万円~500万円程度が上限なので、高額な借り換え先を検討している際におすすめです。

日本全国で融資が受けられる

横浜銀行は名前の通り横浜市を中心に展開してる地方銀行です。しかしサービスは日本全国の方で利用できるのが他の地方銀行にない点です。

また今まで横浜銀行と取引がない方でも申し込みができるのでぜひ検討してみてください。

みずほ銀行 カードローン

金利(実質年率) 利用限度額 借入方法 返済方法 Web完結
2,0〜14,0% 800万円 ・みずほダイレクト
・提携ATM
・口座引き落とし
・みずほダイレクト
・提携ATM
可能
口座開設 収入証明書 審査スピード 融資スピード 申し込み条件
必要 必要 翌営業日以降 20〜66歳

高額の借り換えも可能

みずほ銀行のカードローンもまた、最大800万円までの高額融資を可能としています。

総量規制にかからない範囲であれば、高額の借り換え先を探している人にもおすすめです。

フリーローンで借り換えられる

みずほ銀行はフリーローンによる借り換えも可能な銀行です。フリーローンの方がカードローンよりも金利が低いことが多いので、借り換えできれば金利を下げることも期待できます。

さらに他社での借入があっても審査が受けられるので、入件数が複数ある人でも申し込みやすいのが特徴です。

ろうきん カードローン

ろうきんは各自治体の労働組合や生活協同組合が出資して設立された金融機関のことで、銀行とほぼ同じ役割です。

金利(実質年率) 利用限度額 借入方法 返済方法 Web完結
3.875%〜8.475% 500万円 ・ATM
・インターネットバンキング
・自動振替
・ATM
地域による
口座開設 収入証明書 審査スピード 融資スピード 申し込み条件
必要 18〜65歳

金利を大幅に減らせる可能性

ろうきんのカードローンで借り換えを行うと、金利を下げることが期待できます。銀行や消費者金融よりも最大5%も金利を下げられることもあるので、総返済額の大幅な減額につながります。

ろうきんは営利を目的とした団体ではないため、このような商品が提供できるという背景があります。

ATM手数料は全額キャッシュバック

さらにろうきんではATM利用手数料が全額キャッシュバックというのも魅力的です。

銀行やコンビニATMでも利用しても実質無料なので、複数回利用することが前提のカードローンにおいて強い味方といえます。

さらにネットバンキングを利用すれば、普通預金への残高確認などもいつでもできるので大変便利!

オリックス・クレジット VIPフリーローン

金利(実質年率) 利用限度額 借入方法 返済方法 Web完結
1.70~17.8% 30万円~800万円 ・ATM
・振り込み
・口座振替・振込返済・提携ATM・インターネット 可能
口座開設 収入証明書 審査スピード 融資スピード 申し込み条件
必要 最短60分 即日※ 20歳以上69歳以下

金利を下げることが可能

オリックス・クレジットでは借り換え専用の「VIPフリーローン」を用意しています。

借り換え専用なので、新たに借入が不可能です。そのため、返済に専念したいという方に選ばれています。

返済専用の商品なので、金利も最高14.5%と低水準です。特に消費者金融系のカードローンでは最高金利の平均が18%としているところが多いことから、3.5%も下げることが可能となります。

高額融資も可能

オリックス・クレジットのカードローンは、最高800万円と高額な貸付を可能としています。

利用限度額の観点から借り換えが難しいかもしれないと思っている人でも利用しやすい上限です。

返済日が選べる

オリックス・クレジットのVIPフリーローンでは毎月の返済日を10日・20日・末日の3種類から選べるようになっています。

人によって給料日は異なるので、自分にとって都合の良い日を選べるのは便利。返済計画の立てやすさにもつながります。

まとめ

返済額を少なくする・返済計画を立てやすくなるといったメリットのある借り換えですが、自分に合った会社を選ばないと思ったよりもメリットがないという事もあります。

金利・返済方法・その他サービスなどの点から自分の希望にあった会社を見つけることがポイントになります。

いざという時に心強い味方のカードローンは、賢く利用をしていきましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
当サイト人気No1!初めて借りるならプロミス!
当サイト人気No1!初めて借りるならプロミス!