プロミス審査前に読むべき鉄則【審査落ちせず即日融資で借りるには?】

「プロミスを利用したいけど審査って何を見られるの?」

「審査が通りやすい方法って何がある?」

「借金は怖い…」

という心配やお悩みをお持ちの方は意外と多いです。

以前は悪質な業者が存在し、法外な利息を設定しているため返済不能になったりといったトラブルもありました。

しかし貸金業法の改正によって利息の上限や様々ななルールが厳しくなったので、以前よりも安心してキャッシングを利用しやすくなっています

そして業界大手のプロミスは、優良な貸金業者の1つです。プロミスを含め、キャッシングを利用する場合には必ず「審査」というものが存在します。

ここでは、プロミスの利用をするにあたって審査に関して詳しく解説していきます。

審査をスムーズに進める方法や審査を通る・落ちる人の特徴なども挙げていくのでぜひ参考にしてください。

目次を見たい方はこちら♪

プロミスの審査とは

プロミスは最短で即日融資も可能な消費者金融業者です。ですが、必ず審査を通過しなければなりません

ここではプロミスの審査について詳しく解説していきます。

プロミスの審査基準

まず、プロミスでの借入を申し込む前に借入の条件を満たしているかを知る必要があります。

プロミスの審査基準は以下の通りです。

  • 満20~69歳までの方
  • 本人に安定した収入があるか

銀行での融資では本人ではなく、配偶者に収入があれば専業主婦でもOKというところがありますが、プロミスでは借入する本人に収入がないと利用が出来ません

それは、プロミスを含む消費者金融業者は貸金業法にある「利用者の年収の3分の1以上を貸し付けてはいけない」と決められているからです。

準備する書類

プロミスの申し込みではいくつかの書類の提出が求められます。

以下の書類を提出する前に「有効期限」と「住所の記載」を必ず確認してください。本人確認書類の住所と申し込み内容に入力した住所が異なる場合は、現住所の照明の為に「公共料金の領収書」などが必要になります。

提出書類が基準を満たしていないと、即日融資を受けられない可能性があるので事前確認は必ずしましょう!

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証+1点(住民票等)
  • パスポート

本人確認書類は上記のいずれか1つの提出が求められます。

収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

収入証明書は、プロミスで50万円以上または他社との借入総額が100万円以上の際に提出が求められます

そのため、それ以下の金額であれば通常本人確認書類だけの提出だけでOKです。

また外国籍の方は「在留カード」や「特別永住者証明書」を本人確認書類と併せて提出しましょう。

プロミスの審査の流れ

申し込み

申し込み方法は

  • インターネット(パソコン・スマートフォン)
  • 自動契約機
  • 郵送
  • 電話

の4種類があります。

即日融資を希望するなら、インターネットまたは自動契約機での利用がおすすめです。

審査を受ける

申し込みが済んだら、審査結果の通知を待ちます。

スムーズに終われば最短30分くらいで連絡があります。なおWeb契約の場合は必要書類をスマホカメラで撮影して提出するだけなのでスムーズです。

在籍確認

在席確認は後ほど詳しく解説しますが、利用者本人が申し込みフォームに記入した勤務先に本当に在籍しているかを確認するためのものです。

基本的に職場に電話がかかってきますこの時に「プロミス」という名前は一切出しません。主に担当者の苗字が告げられるので、在席確認でキャッシングの事実が職場にバレてしまうという可能性は低いです

審査結果の通知

審査結果の回答は主に電話もしくはメールで通知されます。

ここで審査通過の連絡がもらえればいよいよ融資手続きに入ります。

契約手続き

契約方法は、来店契約・Web契約・郵送契約の3種類から選びます。

借入の実行

Web契約を選んだ場合は、契約内容を確認した後「振り込み」で融資が受けられます。

自動契約機または店頭窓口での来店契約の場合は、その場ですぐに借入可能です。

プロミスの審査で聞かれる内容

プロミスでは独自の基準項目を設け、スコアリングをして融資できるかを判断しています。しかし、プロミスの審査条件や通過基準は公表されていません。

多くの利用者の口コミや必要書類などからポイントがいくつか絞られています。ここでは項目別に審査で聞かれる項目を挙げていきます。

本人情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 家族構成 など

家族構成は、独身家族同居・別居、独身子どもあり、既婚子ども有・無の中から選びます。

一般的には、既婚よりも独身の方が、子ども有よりもなしの方が自由に使えるお金が多いので返済能力も高いだろうと判断されます

しかし独身の方は既婚者の方よりも社会的責任が軽く、踏み倒しのリスクも既婚者より高いと見ているので、一概には言えません。

それ以外の項目なども総合的に判断をして審査をするので一つの目安にしておくと良いでしょう。

自宅情報

  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 住まいの種類 など

住まいの種類とは、持ち家本人名義・持ち家本人名義ローン返済中・持ち家家族名義・賃貸住宅・社宅・寮・公営住宅の中から選択します。

住まい情報は、賃貸住宅よりも持ち家の方が借り逃げのリスクが低いと判断されます

さらに持ち家で子供有も社会的責任が重く貸し倒れのリスクが低いとみなされることが多いです

勤務先情報

  • 年収
  • 勤務先の情報
  • 業種
  • 職種
  • 入社年月
  • 最終学歴 など

「年収」は返済能力の観点から、プロミスの審査において最も重視している審査項目です。年収によって借入上限にも違いが生まれます。

学生やアルバイト・パートの人は、正社員よりも借入額が低い傾向にあります。

さらに「毎月安定して返済ができるか」といった能力をみるために「勤務先情報」「職種」「業種」なども加味されます。

勤務先で最も評価が高いのが「公務員」と「大企業サラリーマン」です。

なお年収は高くても、毎月の給与の増減が大きい人より、少なくても毎月安定して給料を得ている人の方が「安定性の高さ」から貸しやすいと判断される傾向にあるようです。

そのため、勤続年数も安定した収入がある・すぐに仕事をやめない=返済能力が高いと判断されることもあります。

借入状況

  • 現在の他社の借入状況
  • 今回の借入希望額
  • 希望の契約額 など

プロミス以外の複数の消費者金融業者での利用の有無も審査において大きく影響を及ぼします

特に多額になればなるほど、新たに借りても返済が難しいと判断されるからです。

ただし今まで一度も借入経験がない人よりも他社で延滞もなく返済履歴がある人の方が「安定した返済ができる人」とみなされるので、審査においては良い評価がされることもあります。

申告は正直にすること!

当たり前のことですが、申し込み・審査の段階において色々な情報を申告することになります。

申込者の中には「審査に不利になるかもしれない」と思って事実とは異なる情報で申し込みをする人もいます。

もしウソの申告をしてもプロミス側で調べるのですぐに分かってしまいます。審査では利用者からの情報だけでなくあらゆる面からも調査をするので、すぐに分かるだけでなく、利用者の信頼性もそこで見ています。

むしろウソの申告をすることによって「この申込者はウソの申告をするため貸しても返さないリスクがある」とみなされて審査を通過できない可能性が出てきます。

プロミスは総合的に判断をしているので、不利だと思う情報でも正直に申告しましょう。

プロミスの金利はどれくらい?

借入利率 4.5%~17.8%(実質年率)

消費者金融の金利は高いというイメージが強い方が多いです。実際、銀行のカードローンに比べると金利は叩く設定されていますが、「利息制限法」という法律があるため貸付額の15%~20%までと決められています

主に消費者金融でのキャッシングは少額利用がメインなので、一括で返済できる金額を借り入れるのが一般的です。

そのため高めに設定されている金利だとしても、すぐに返済することが前提なのであまり影響はありません

多くの利用者がその月に必要最低限の額を借り入れて、次の給料日で返済するという流れです。

プロミスの在籍確認は必ず行われる

在籍確認とは?

在籍確認とは、

キャッシングやカードローンを申し込む際に、申込者がちゃんと就労をしていて安定した収入があるかを確かめるために行われる審査方法の1つです。

プロミスを含む消費者金融は、担保なしで融資をしているので、きちんと期日までにお金を返済してくれるかどうかは大変重要な基準となります。

そのため、在籍確認という審査は必ず行われます

したがって、無職の人や安定した収入がない人はローンの審査が下りないので注意してください

在籍確認は主に会社やバイト先へ電話連絡がされるか、勤務地に在籍していると証明できる方法があれば対応されます。

プロミスが在籍確認をするタイミング

プロミスが在籍確認をするタイミングは、カードローン審査の最後の時です。以下は在籍確認をするまでの流れです。

  1. 申込内容の確認
  2. 提出書類の確認
  3. 信用情報の確認
  4. 本人確認の連絡
  5. 在籍確認(申し込み完了から30分~1時間程度)
  6. 審査完了

なんと在籍確認は申込者が借入申し込みを完了してから30分~1時間程度で行われます。とてもスピーディなので、在籍確認についての質問や相談はあらかじめしておきましょう。

また審査担当者は本人確認を連絡するときに在籍確認をする旨を事前に教えてくれるので、電話がくるタイミングをある程度把握できます。

これなら職場に電話連絡が来るとしても準備が出来るので安心ですね。

土日・祝日での即日融資での電話確認は?

プロミスでは土日・祝日であっても即日融資は可能となっています。その中でも10万円以下の少額融資であれば在籍確認は後日、週明けに改めてするという事でも対応可能です。

しかしそれ以上の高額融資になると平日になってから在籍確認後となることが多いので借入金によって異なります。

正社員ではない人が在籍確認をする方法

アルバイトや派遣社員・個人事業主の方の中には在籍確認の連絡先をどれにすればいいか分からない人も多いです。

その場合に雇用形態別に詳しくご紹介していきます。

自営業・個人事業主

自営業や個人事業主の方は、申し込みの段階で「勤務先欄」の部分に自分の事務所や店舗の電話番号を記入すればOKです。

自宅と事務所が同じの場合には、自宅の固定電話番号かもしくは申込者自身の携帯電話の番号を連絡先として指定してください。

できれば携帯電話よりも固定電話の方がおすすめです。なぜなら固定電話番号は携帯電話番号よりも変更しづらいという面があるので、踏み倒されるリスクが低いと見ているからです。

そのため、プロミスの審査では固定電話番号を持っている自営業・個人事業主の方の方がカードローンの審査が通りやすいとも言えます。

アルバイト・パート

アルバイトやパートをしている方は、職場の電話番号で申請すればOKです。なお2つ以上の職場先がある場合には、1番収入が多い職場先の電話番号を申告しましょう

なお、チェーン店にお勤めの方は、本社の電話番号ではなく申込者の在籍確認のが出来る実際に働いている店舗の電話番号で申告します。

学生の方であっても、上記のようにアルバイト・パート先の電話番号を申告しましょう。20歳以上であれば学生でもキャッシングできるため、在籍確認は必須となります。

通っている学校や自宅の電話番号は働いている証明が出来ないので、必ず職場の電話番号と覚えておきましょう。

派遣社員

派遣社員の方も正社員の方と同様に派遣先の電話番号を申告してください。

派遣先の電話番号の理由は、実際に申込者が働いていることを確認するためです。

もし派遣先の電話番号を申告することが難しいという場合・派遣元の電話番号で申請したいという場合には、申込時にプロミスコール(0120-24-0365)に電話をして担当者に相談をしてその指示に従ってください。

プロミスの初回借入の限度額

プロミスの最大限度額は500万円となっています。

しかし、プロミスで初めて借入をする人の場合の限度額は500万円ではありません。

一般的に、初回利用限度額は30万円~50万円といわれています。プロミスだけでなく他の消費者金融業者は多くの場合で初回の利用限度額を数十万円と低めに設定しています。

それは、新規利用者の場合「この人は期日までに返済をしてくれる人かどうか」を見極めるためです。

初回の限度額は少なめに設定をしてその人の返済状況を見て徐々に増額するといった流れが一般的です。

限度額は審査で決められる

利用限度額というものは全ての人が同じではありません。

限度額はプロミスの審査によって返済能力を見て、その返済能力に応じて額が決められます。ただし、プロミスは返済能力の判断基準を公開していないので明確なことは分かりません。

しかし、プロミスなどの消費者金融は独自の「スコアリングシステム」を採用して利用者の返済能力を見ています。

スコアリングシステムとは「信用情報」「利用者自身の情報」などから返済能力を採点する方法になります。

その中でも特に重要視されているのが以下のポイントです。

  • 収入
  • 職業
  • 勤続年数
  • 他社の借入金額・件数
  • 過去の返済歴
  • 事故情報の有無

以上の項目が点数化され、その合計点数で限度額を決定しています。

即日融資を受けるにはどうしたらいい?

プロミスは即日融資も可能なので大変人気の消費者金融業者です。

しかし申し込み方法によってタイムリミットがあるので、自分に合った方法で借入申し込みをすることが大切です。

いずれの方法にしても確実に融資を受けるためには、申し込みから融資までの時間を最低でも1時間程度は確保しておくことが出来れば余裕をもって契約が出来ます

平日申し込みで即日融資を受けたい

平日申し込みをするならWeb完結の利用がおすすめです。銀行口座をすでに持っているとスムーズに完了します。

平日利用・銀行口座所持の2つの条件を満たしていると、10秒程度で銀行口座に振り込みを完了してくれる「瞬フリ」が可能だからです。

そして「平日・午前中」の利用がおすすめなのは、Webでの申し込みの際、平日14時までに契約内容の確認が済んでいることで、即日融資が受けられるからです。

土日・祝日で即日融資を受けたい

<プロミスの土日祝日対応時間帯まとめ>
項目 審査可能な時間帯 受付時間帯
電話対応 9:00~21:00 9:00~21:00
自動(無人)契約機 9:00~21:00  9:00~21:00
インターネット 9:00~21:00  24時間

プロミスでの借入は、平日と土日・祝日では取り扱い時間が異なります。

特に土日・祝日は自動契約機が混みあうことが多いので要注意です。

契約機の店舗によって営業時間が異なるので、申し込みから審査まで1時間程度は余裕をもって見ておくと良いです。

プロミスの審査をスムーズに通過するポイント

プロミスでの借入審査をスムーズに通過するためにはいくつかのポイントをおさえておきましょう。

審査に通過しやすいと判断してもらうためには、「返済能力がある」と見てもらうことが重要です。

申し込み条件を満たしているか

プロミスでの申し込み条件は、満20歳~69歳で申し込み本人に安定した収入があることが大前提です。

この2つをクリアしていないと、まず審査を通過することはできません。

「安定した収入」とは額の多さではなく毎月決まった間隔での収入を得ているかということです。そのため正社員だけでなく、アルバイトやパート・派遣社員でも借入は可能です。

2~3ヶ月以上給料をもらってから申し込む

プロミスの貸付条件には「安定した収入」とありますが、どれくらいが目安なのかは明記されていません。

そのため、多くのユーザーの口コミなどを参考にすると

最低でも2~3ヶ月以上の給料をもらっている状況」で審査申し込みをすることがです。

勤続年数は、返済を安定して続けていけるかの判断にも使われるため、勤続年数が長ければ長いほど審査では有利に働きます。

一般的に銀行での融資は半年以上の収入があることを「安定した収入がある人」とみなしていますが、消費者金融はそれよりも少しハードルが低い「2~3ヶ月」であると予想されます。

ただし、在職していても2ヶ月以上収入のない期間がある場合は「安定した収入があるとは認められない」と判断されるのでご注意ください。

なお、アルバイトやパート・学生は毎月の収入が5万円以上あれば審査が通過しやすいと言われています。

確実に審査を通過するためにも、対策を行ってから申し込みましょう。

借入理由を聞かれた時の返答は「生活費」

プロミスだけでなくどの金融機関でも審査の際には「借入の目的」を聞かれます。

その時には以下の理由がおすすめです。

  • 生活費
  • 友人の結婚式
  • 旅行に行くので費用がもう少し欲しい
  • 子供の入学費用
  • 車検が近づいた
  • 家をリフォームする

借入目的は、その人がお金を返せるかどうかの判断にも使われるからです。

生活費・旅行や結婚式といった理由であれば、一時的にお金が必要なだけで、その他の返済能力に問題がないと判断されれば比較的審査は通りやすくなります

仮に投資・ギャンブルといった借入内容を答えてしまうと、今後も慢性的に借入を利用し、返済がしっかり行えるかどうか不明=返済能力が低いと判断される可能性が高いからです。

その他、他社のローンの支払いのためといった理由も印象が悪くなるので注意してください

借入理由が本当かどうかはプロミス側が確かめることが出来ないので安心してください

申し込みはプロミス1社だけに絞る

審査に通過しないかもしれないから他でも申し込もう

と考える人もいますが、それはやめましょう。

複数社を同時に申し込みをすると審査に通過する確率が急に下がってしまいます

他社への申し込み状況などは、プロミスだけでなくすべての信用情報機関に集約されるので、どこでいつ申し込みをしたかはすぐに分かってしまいます

複数の会社で申し込みをしたり、すでに他の会社で借入をしている場合は「返済能力が低い」とみなされてしまいます。

審査申し込みの際は必ず1社ずつにしましょう

信用情報に問題がないか

毎月安定した収入があり、希望する限度額も決して高くはないのにプロミスの審査に落ちてしまうということもあります。

この場合は、信用情報に問題があるケースです。信用情報は、クレジットカードやカードローンといった過去の取引履歴のことで、返済を滞納したり、自己破産・債務整理・何らかのトラブルを起こすとその情報が記載されてしまい、金融機関はその情報を共有できます。

収入に問題がなくてもこのような履歴があると、審査が通ることはかなり難しいです。

ただし信用情報は永遠に残る訳ではなく、一般的に自己破産は10年、それ以外の情報はおよそ5年ほど記載されると言われています。

プロミスの審査では年収はいくらあればOK?

プロミスでは安定した収入が融資条件に入っていますが、具体的に最低年収を公表していません

借入希望額によっても異なりますが、一般的には年収100万円以上あれば契約できるといわれています

アルバイトやパート・学生でも100万以上の収入があれば希望額によっては借入が可能となるので1つの目安にしてください。

プロミスの審査に落ちる人の特徴とは

  • 過去半年以内にプロミスの審査に落ちている
  • 過去にプロミスを強制解約されている
  • 無職・無収入・専業主婦である
  • 他社での借入件数が5件以上
  • 勤続年数が半年未満
  • 過去5年以内に自己破産や債務整理をした
  • 総量規制以上の金額を希望している

過去半年以内にプロミスの審査に落ちている・自己破産や債務整理をした・過去にプロミスを強制解約されているといった「個人信用情報」に問題があると、まずプロミスの審査を通過することはできません。

収入の大きさよりも個人信用情報の有無の方が審査に影響を及ぼすので個人信用情報にブラック情報がないか確認しましょう。

プロミスが重視しているのは「返済能力」

プロミスが審査の際に一番重視しているのが「返済能力」です。

返済能力は総合的に判断しますが、「年収」「勤続年数」「個人信用情報」の3つを主に注目されます。

どれか1つでも懸念点があると、審査に通過しない確率が上がるので事前に調べて確実に審査を通過できるようにしましょう。

心配な場合は審査に通るかをチェック

「もし審査に通過しなかったらどうしよう」と不安な方は、プロミスの公式サイト内にある「お借入シミュレーション」を利用しましょう。

生年月日・年収・現在の借入金額の3つを入力するだけで仮診断がすぐに受けられます

この診断はあくまでも仮のものなので、実際の審査を100%保証するものではないのでご注意ください

借入可能額は年収の3分の1まで

プロミスを含む消費者金融業者は、貸金業法のルールに従わなければなりません。

総量規制」では年収の3分の1を超える貸出は禁止されているため、プロミスで総量規制を超えている場合、増額申請は通りません。

他社でも借入がある場合には、プロミスでの借入と総額で3分の1に行かないようにしましょう。

信用情報にブラック情報が載るケース

個人信用情報に傷がつくときというのは一体どんなケースでしょうか。

日本には3社の信用情報機関が存在していますが、プロミスはJICC(株式会社日本信用情報機構)とCIC(株式会社シーアイシー)の2社に加盟しています。

この2社それぞれに登録されている内容や期間には若干の違いがあります

なお「信用情報に傷がつく」ケースを以下の表でまとめました。

異動情報 JICC CIC
延滞 1年間 5年間
任意整理 5年間
個人再生 5年間
自己破産 5年間 5年間
代位弁済 5年間 5年間
強制解約 5年間

延滞とは

延滞とは1日でも返済日に間に合わないことを指します。返済日に1日でも遅れると、信用情報にその旨が記載される可能性があります。

特に融資審査に影響を及ぼす延滞というのは「2ヶ月以上の長期延滞」のケースです。2社の信用情報機関に異動情報として登録されると、信用情報に傷がつくとみなします。

債務整理とは

債務整理とは自己破産のほかに任意整理・個人再生といった方法のことです。これらの方法を用いることで、借金を減額・返済条件の緩和などが行えます。

なお、CICには任意整理や個人再生を記載している項目がありませんが、その他の金融機関で登録されているので、自己破産以外の債務整理でも把握が可能です。

保証会社による代位弁済がされた場合

利用者が返済できない際、保証会社が代わりに借金を返済することを「代位弁済」といいます。

代位弁済が行われたとしても、利用者本人の債務がなくなるわけではなく、今度は保証会社への返済義務が発生します。

このような情報も信用情報に傷がつくという項目になります。

プロミスを強制解約された

プロミスなどの消費者金融を使っていて、返済能力がない場合に強制的に解約手続きをされることもあります

このような情報も信用情報に記録されるので、信用情報に傷がつくことになります。

プロミスの審査に落ちたらどうすればいい?

プロミスの審査に落ちてしまった場合、一番の対処方法は、「別のカードローン会社で審査を申し込む」ことです。

プロミスの審査に落ちからといって、再度プロミスの審査に申し込んでもほとんどの確率で審査を通過できません。

他の消費者金融であれば審査基準はプロミスとは異なるので、審査を通過できる可能性があります。

ただし、保証会社が「プロミス」となっている銀行カードローンは同じ審査基準を使われているので、審査に通過する可能性は低いです。

そして他の会社を利用する際でも半年以上の期間を空けた方が確実です。申し込みをして半年間は個人信用情報に取引りれきが残っているため、他社であっても審査を通過する可能性が低いからです。

プロミスの増額審査について

プロミスでは増額申請も行えます。その際にも再度審査が必要になります。この手続きもインターネットから可能で、非常に便利です。

増額申請において審査を通過するポイントは「個人信用情報」と「過去のプロミスとの取引実績」です。

またプロミスの増額申請では運転免許証やパスポート・健康保険所といった「本人確認書類」の提出が求められます。

さらに金額によっては源泉徴収票・確定申告書といった「収入証明書」も必要になります。

増額申請も即日対応可能なので、これらの書類を事前に用意しておくことでスムーズに完了します。

まとめ

プロミスの審査について詳しく解説していきました。

プロミスは即日融資も可能で、申し込み方法も非常に簡単なのが特徴です。

審査に通過する条件を事前にチェックし、1つ1つクリアしていくことで審査通過への可能性がグっと上がります。

プロミスは簡単でスムーズに申し込み・利用が出来るので、計画的に利用できるのであればぜひプロミスを活用してみてはいかがでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
▼▼当サイト1番人気はアコム▼▼
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
アコム公式サイト
今すぐお金借りるならココ!