レイクALSAの返済方法は何種類?【お金の返し方を完全網羅】

「レイクalsaの返済はどうすればいい?」

「レイクalsaでは返済方法は選べる?」

といった疑問をお持ちの方向けの内容になっています。

レイクalsaの返済方法を項目別に解説していくと同時に、賢い返済方法なども挙げていくので、レイクalsaの返済を早く終わらせたい人必見です!

レイクalsaとは?

レイクalsaは、即日融資可能なのでスピーディにお金を借りたい人に人気です。

さらにカードレスでも利用可能なので家族や職場の人・友人にキャッシングを利用していることがバレにくいのも特徴です。そして紛失のリスクもないので安心して利用できるといった点でも人気の理由の1つとして挙げられます。

レイクalsaの返済方法は5種類

レイクalsaの返済方法は5種類用意されていて、それぞれ特徴が異なります。

そのため、利用者の便利な方法で返済することができるのが特徴です。以下は各返済方法の特徴を一覧にしました。

返済方法 返済日 手数料 時間外返済 一括返済
Web返済 自由に選択可 無料
新生銀行カードローンATM返済 自由に選択可 無料 ×
自動振替(口座引落) 14日 or 27日 無料 × ×
提携ATM返済 自由に選択可 有料 ×
銀行振込 自由に選択可 有料 ×

レイクalsa含め、カードローンは毎月決まった日・決まった額を返済していくのが一般的です。

そしてカードローン会社や借入額によって最低返済額が決められています。もしこの返済日に返済ができないとあらゆるペナルティが発生してしまいます。

返済の際は、借入金だけでなく「利息」と併せて返済しなければなりません。この利息は「日割り計算」です。

返済方法・タイミングは自分に無理のない範囲で行うことが何より大切です。以下では各返済方法の特徴を解説していきます。

Web返済

Web返済は、レイクalsaの会員ページから専用口座サイトを使って返済をする方法です。

Web返済を利用するには「Web返済」が利用できる金融機関で、インターネットバンキングサービスを使える口座を持っている必要があります。

対応可能なインターネットバンキングは、

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • りそな銀行
  • MUFG

といったネットバンクです。

Web返済は24時間・365日いつでも利用できるので、パソコンやスマホがあれば自宅・出先・職場など場所も問わず操作可能なのが魅力です。

レイクalsaの会員ページで希望する返済額を入力して、金融機関のインターネットバンキングを使って返済するだけです。

そして何より嬉しいのが「手数料無料」という点です。

新生銀行カードローンATM返済

レイクalsaは、新生銀行グループが提供しているカードローンなので、新生銀行カードローンATM返済も利用できます。

平日・土日関係なく手数料無料なので気軽に手続きできるのが特徴です。さらにATMとしては珍しく、硬貨の取り扱いも可能なので1000円未満の返済も可能となっており、一括返済の際にも非常に便利です。

ただし、利用時間は曜日によっても異なります。

  • 平日・土曜:7:30~24:00
  • 日曜・祝日:7:30~22:00
  • 第3日曜   :7:30~20:00

そして、レイクalsaのローンカードがなくても以下の情報を入力するだけでも返済可能です。

  • 生年月日
  • カードの暗証番号
  • 登録している電話番号

自動振替(口座引落)

自動振替は、毎月自動的に登録した口座から引き落とされる返済方法になります。そのため、返済をうっかり忘れてしまうという心配がないのがメリットです。

長期的にレイクalsaを利用する人に選ばれている返済方法の1つでもあります。

自動振替の返済方法を選んだ場合は、返済日は14日か27日のどちらかを選びます。そのため、選んだ返済日より前に口座にお金がないという事がないように気を付けましょう。

なお、カードレスでの契約をした人は自動的に返済方法が自動振替に設定されてしまいます

嬉しいことに、通帳に記載される名所は「AP(シンセイF」なのでレイクalsaを利用していることが分かりにくい配慮もされています。

提携ATM返済

レイクalsaは銀行・コンビニに設置している提携ATMでも返済が可能です。提携先のATMは以下に一覧にしました。

コンビニATM ・セブン銀行ATM(セブンイレブン)
・ローソン銀行ATM(ローソン)
・イーネットATM(ファミリーマート、デイリーヤマザキ等)
提携銀行ATM ・イオン銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・三菱UFJ銀行ATM
・東京スター銀行ATM
・第三銀行
・西日本シティ銀行
クレジットカード・信販ATM ・クレディセゾンATM

返済可能時間はATMによって異なります。特に銀行は営業時間外は利用できないので注意が必要です。

その点、コンビニATMであれば基本的に24時間利用可能なので便利です。ただし、手数料が発生するので注意指定ください。

返済額が1万円以下の場合110円、1万円以上の場合220円の手数料が発生します

例として3000円をATMで返済した場合、手数料110円を引かれた2890円が返済金額となります。そしてATM利用での返済は最低1000円単位になるので、端数が発生していると残高以上の返済してから、後日返却されるという以下の方法をとります。

  • 銀行振込での返却
  • 次回ご利用時に相殺
  • 郵送での返却
  • 店頭窓口での返却

なお、新生銀行カードローンATMの設置場所・利用時間については「店舗・ATMのご案内」で確認できます。

銀行振込

銀行振り込みは、レイクalsaが指定する銀行口座に振り込むことで返済する方法です。

この方法は手数料が200~最大880円ほど発生してしまうため、あまりおすすめできる方法ではありません。

近くに返済できる提携ATMがない・自分の銀行口座に履歴を残したくないという場合はおすすめです。

また1000円未満の返済も可能なので一括返済・最後の返済という際に端数分も一気に返済したいという時に利用されることが多いです。

レイクalsaが指定している銀行口座振込先は会員ページの「銀行振り込みでご返済される場合のお振込先」で確認しましょう。

レイクalsaの返済日は?

一般的に銀行カードローンは返済方法が「自動振替」なので返済日があらかじめ決められていることが多いです。

しかしレイクalsaは自動振替以外の返済方法も選べるので返済日も自分で指定できるのが特徴です。

初回返済日をチェックしよう

レイクalsaで借入をした後は、最初の返済日を必ず確認しましょう。

初回利用についてくる特典「無利息期間」の間でも返済日はきます。そこでうっかり初回返済日を過ぎてしまうと、「延滞」扱いとなり、無利息期間サービスがその段階で終わってしまいます。

初回返済日は、自分が指定した返済日が借入をした日から14日以内かそれ以上かがポイントとなります

自分の返済日がいつなのか分からない・心配という場合には「会員ページ」にログインをして確認がすぐにできます。

返済日を変更する方法

返済日を変更したい場合には、「お客様専用フリーダイヤル(0120-09-09-09)」に連絡をしましょう。

連絡をすると、会員ページ・新生銀行カードローンATM・電話・郵送といった方法で返済日変更の手続きが出来るようになります。

受付時間は平日9時~18時までとなっているのでご注意ください。

レイクalsaの返済額はどう決まる?

レイクalsaは以下2つの返済方式によって返済額が決められています。

  • 残高スライドリボルビング方式
  • 元利定額リボルビング方式

基本的にはレイクalsaの方で契約時に設定されるため利用者が返済方法を指定はできません。

新規で契約をする場合にはほとんど「残高スライドリボルビング方式」が設定されます。

残高スライドリボルビング方式とは、実際に借入をした金額によって毎月の最低返済額が決まるという方式です。

元利定額リボルビング方式が適用されるので、借入限度額200万円を超える高額契約の場合に多いです。

最低返済額と返済回数

借入金額によって最低返済額が決まるので、一覧で利用残高と最低返済額・返済回数を一覧でまとめました。

利用残高 最低返済額 返済回数
1~100,000円 4,000円 36回以内
100,001~200,000円 8,000円
200,001~300,000円 12,000円
300,001~400,000円 13,000円 60回以内
400,001~500,000円 14,000円

最初に20万円を借入した場合、最低返済額は8000円ですが返済が進んでいくうちに借入残高が10万円になった時は最低返済額が4000円になります。

返済額を少しでも抑えたいという場合には、返済中に変更できる返済残高になった時に追加融資を受けて、その分臨時で返済をしていくという方法もとれます。

例えば20万円借りたとき、10万円未満まで返済をして10万円を超えない金額でまた追加で融資を受けるという方法です。

レイクalsaで利息を少しでも節約するためには

レイクalsaを利用するなら、返済でいかに利息を少なくするかが返済額節約のポイントとなります。

利息を抑えるポイントは、「できるだけ少ない借り入れをして、出来る限り早く完済をする」ということです。

繰り上げ返済

繰り上げ返済とは「増額返済」とも言い、毎月の最低返済額よりも多めに返済するという方法のことです。

最低返済額は「貸金業法」によって決められています。この金額が必要最低限に抑えられているので、最低金額だけを返済していても利息分がかさんでなかなか完済までが遠いという特徴があります。

そのため返済総額を抑えるなら毎月少しでも多めに返すことが重要です。

繰り上げ返済は以前紹介した5種類の方法いずれでも可能ですが、「自動振替」の場合は事前にレイクalsaに電話で連絡をして変更手続きをしましょう

または、臨時返済として提携ATM・Web返済を利用するk戸もできます。

いずれの方法も手軽に行えるので、少しでも余裕が出来たら返済をすることをお勧めします。

一括返済

一括返済は名前の通り、利用残高を一度に返済する方法です。

例えばボーナスなどの臨時収入が入った時に借入金額全て返済することができれば、通常の支払い計画で発生する利息も支払う必要もないので、返済総額を抑えることが可能になります。

ただし無理な返済はその後の生活費に影響を及ぼす可能性があるので、一括返済を行う前に自分の中で計画を練ってから行ってください。

なお一括返済では日割りの利息によって1000円未満の端数が発生することが多いので、以下の方法で一括返済を行うとスムーズです。

  • Web返済(新生フィナンシャル)
  • 新生銀行カードローンATM
  • 銀行振込

レイクalsaの返済が遅れてしまうと?

返済を遅れてしまうというと様々なペナルティが課されます。その際

「自宅にまで取り立てが押しかけてくるんじゃ?」

「家具・車などを差し押さえられる?」

と心配するかもしれませんが、消費者金融業者は「過剰な取り立てが厳しく禁止」されています。

ただし、返済を遅れてしまうと個人信用情報に傷がついたりするので、住宅ローンが組めない・クレジットカードが作れないといったペナルティが発生します

レイクalsaで返済日を過ぎてしまうと、返済日翌日から数日以内にコールセンターから契約時に登録をした連絡先に電話がかかってきます。

もしうっかり返済を忘れてしまったという場合であればその場で返済予定日を伝えその予定日までに返済を行ってください。

返済日から数日の延滞は「軽微な遅延」として扱われるので個人信用情報にブラック情報として載ることは少ないです。

しかし、カードローン会社や延滞のタイミングによっては数日以内でも信用情報に「延滞記録」として記載されてしまうこともあるので要注意です

オペレーターからの電話には必ず出て、真面目に対応しましょう。間違っても電話を無視したり態度の悪い対応(暴言を吐く)といったことをすることもマイナスの記録として残ります。

追加の融資審査の際にこのような情報があると審査に通過できないという可能性もあります。

返済が遅れそうな時は利用者から連絡を!

もし返済に遅れてしまった!遅れそうと気付いた場合には、気づいた段階ですぐにレイクalsaに連絡をしましょう。

電話・会員ページどちらでも支払日を変更できます。ただし、支払日延長の期限はあるのでご注意ください。

何の連絡もなく返済が遅れ、その後引き続き連絡が取れなくなることはくれぐれも避けてください

まとめ

レイクalsaの返済方法について解説してきました。レイクalsaでは5種類の返済方法を用意しており、利用者にとって返済のしやすい方法を選べるようになっています。

金額・返済タイミングに無理がなければ非常に便利なカードローンなので、もし急にお金が必要になった!という場合には、ぜひレイクalsaの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
▼▼当サイト1番人気はアコム▼▼
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
アコム公式サイト
お金がないなら「ココナラ」で副業♪